Browsing Category

Release games

Release games

ゲームリリースまでの軌跡と裏話

未経験から10か月、ほっこり脱出ゲーム[Pam’s House: An Escape Game]をAppストア,  Google Play, itch ioでリリースしました!数学苦手で「絵筆と紙」を信仰していた専業主婦が、どうやってゲームを作っていったのか?回想して、まとめてみます。 前半 2020年10月 udemyで、しまづさんの脱出ゲーム講座を受講しました。 きっかけ?youtubeでホリエモンさんが「プログラミング」について語ってたのを、真に受けて「できるかも」と思ってしまったからです(笑)。それまでイラストや絵画を描いていたので、ゲームにできたらいいなと思いました。軽い気持ちでした^^; 2020年11月 迷ったけどオンラインサロン「スタジオしまづ」に入りました!ここで初めてDiscord やslackを使うことに。しまづさんの講座を続けます。 2020年12月 脱出ゲームの講座を、イラストを自分のものに、パズルも変えたものを作りました。はじめてサロンで公開しました。 2021年1月…

Release games

アダプティブ アイコン:実機でアイコンが小さくなる件

ずっと気にはなっていたけど(じゃあ直せ!)、見過ごそうと思っていた件がありました。それはアンドロイド実機テストすると、アイコンが小さくなることです。 他のアイコンに比べて、小さい。どうしてか、よく分からなかったので調べました。どうやら、この設定が必要だと気づきました。それは、 アダプティブ アイコン  |  Android デベロッパー  |  Android Developers (google.cn) というわけで、手直しをしました。 デフォルトアイコンはそのままでいいと思います。 その下にあるアイコン設定。ここにアダプティブアイコン欄があります。大事なことは、二つのレイヤーで用意すること。なるべく中央にイメージが来るようにすること。 私が用意したイメージ2種です。 これで、バッチリ?だといいのですが、テストしないと分かりません。 ちなみに設定後はこんな感じに。 どうでしょうか?結構イメージは真ん中に寄せました。どのくらいかというと、、 このくらいです。これでちょうど良かったです。…

Release games

フィーチャー画像とアイコン修正

昨日出した候補の中で、良さそうなのを調整しました。 下が’選ばれし、画像。 そして今日の作業後、 ロゴっぽいものを足しました。 また、画像の両端を調整して、部屋が広く感じるようにしました。 このアイコンも使えますが、パッと見てゲームの内容が分かりにくいので、サブで使う感じです。 これがアイコンになる予定です。…

Release games

ゲームの画像を修正(リスク回避)

ちょっと気になっていた、ゲームで使用したこちらの画像。 こちらを、変えました。下のようになります。 違いは、目です。 つり目で細かったのを、変えました。 ずばり理由は、アジア人の人種差別と言われるリスクの回避です。 私がアジア人であることを知らなければ「目が細いのはアジア人を侮辱している!」と、言われることもあるかも、、と少し思っていました。 今ならリスクを回避できる!!ので、修正しました。…

Release games

Androidフィーチャーグラフィックやり直し

スクショを作り直しが終わった!と思ったら、フィーチャーグラフィックの修正を忘れていました。アイコンを含め、苦手意識を拭えないまま、作業に向かいました。 他のゲームのイメージを見ていたら、ゲームの雰囲気を伝えるパターンと、実際に携帯で見せるパターンがあるのかなと思いました。なので、5つほど候補になるものを作りました。明日また、最終調整をしようと思います。 では、まず、、以前のもの。 改めてみると、イマイチ。再審査になって、色々と考えて作るようになれたので、いい機会になっている!と実感。 今日、出した候補5つ。ついでにロゴっぽいもの。 前より、考えて作りました(笑)。 ロゴも気に入っています。右上のが好評だったので、明日はロゴを入れたりの調整をしていこうと思います。 だんだんと再審査に向けて、準備が整ってきた感があります。…

Release games

Google playリリース用:スクショを作り直す

脱!子供イメージ!をテーマに、ゲームリリースのプロモーションを準備をしております。週末は、スクショをアップデートしました。 以前は、、ただのスクショ。。 修正するにあたり、言葉を入れようと思いました。絵が子供っぽいなら、フォントで大人っぽさを出したい!という狙いです。 そして試行錯誤、身近なプロに意見を聞きつつ、出来上がったのはこちら。…

Release games

アイコン作り直し

アイコンを作り直すにあたって気を付けたことを記録します。 まず今回は「脱出ゲーム」なので、ストレートに「ドア」は入れようと思いました。リジェクト理由にあったように「アイコンの意図がはっきりしない」と言われたので、じゃあはっきりさせようという事です。 2点目は、色。子供色をやめました。子供向け、ファミリー向けにならないよう、大人っぽさを出そうと思いました。黄色、ピンクはやめて、スモーキーカラーなどにしました。 3点目は、謎解きの要素や、実際に出てくるオブジェクトをアイコンに入れました。 まだ最終調整ではありませんが、これが作り直したものです。 ちなみに以前のは と、ここまでくるのに、15デザインを作り比べました。一部を記録に残します。 アイコンって苦手だなぁーと思いながら、2日間かけて作業しました。難しいです、アイコン。勉強になりました。…

Release games

再審査に向けての準備

Google Playからのリジェクトを2つもらって、心がちょっとポキッとなっていました。前のポストのように、いくつか原因はあるようでした。 大きな原因は「アイコンの意図が分からず、子供にアピールしている」といったこと。 ではゲームの対象に子供を入れれば!と思いましたが、調べていくと、これがなかなか難しそうです。広告の設定し直し、ゲーム自体も改良するとか、大作業になる雰囲気が漂い始めました。なので、、、 第2案の「13歳以上を対象にする」ための変更をする、ことにしました。 そのためにやることをリストにしました 1.とにかくアイコン!子供向け過ぎる、意図が分からんと意見をもらったので、この改良。ちなみに、現物を張ります。確かに、よくわからん!!ですよね。 2.ディベロッパーの設定で「「子供の気を引く可能性がある」って項目にチェックつける!!(したような気もしたけど、もう不明なので) 3.スクショをちょっと大人っぽくする。大人っぽいフォントで文字を入れようと思います) 4.もう一度予習! いつもお世話になっているMaruさんの動画で! ちなみに、私やMaruさんは、オンラインサロン(スタジオしまづ)で活動もしています! 【Unityアプリ収益化入門】「急上昇アプリランキング1位」を獲得した個人開発者が教えるユニティスマホアプリ開発コース | Udemy…

Release games

GooglePlayの審査が通らず

審査に出してから数日、Rejectの知らせが。すんなりいくと思ったけど、そうもいかなかったです。 知らせの内容は:アートスタイルが子供にアピールするので、ファミリー向けに変更してください。という内容でした。すぐに対象を子供を入れて、ポリシーも変更。 すぐに再審査に。24時間後にきたのは、 まさかのReject. 「ファミリー向けになっとらんよ!」と怒られました。 その知らせが以下 ファミリーポリシーに準していないと。 色々と考えて思ったこと。 1.言われてるようにアイコンが子供すぎて、ゲームの内容に合っていない 2.広告をファミリー向けに設定していない 3.説明が「誰でも遊べる!」とか曖昧 この辺りが怪しいと感じました。 まずは、この3つの項目を直してから審査に出そうと思います。 資料1: 資料2: これとゲームの説明文を、具体的にしていきます。 以上をタスクにしていきます。 続きはまた!…