Spine

Spine キャラクター4方向アニメーションの練習メモ

4方向のキャラクターアニメーション制作を、時短で出来ないかと練習した自分用の記録。

まずはフォトショップでパーツ分けしたキャラクターを用意。

4方向それぞれのフォルダを準備したけど、そこまでいらなかった?!

[slot]とつけると違うパターンの画像をインポートできる、口とか顔とか。
(例)
[skin] girl
[folder] S
[folder] N
[folder] E
[slot] mouth
E-mouth-smile
E-mouth_close

[ignore] 背景などインポートしたくないとき

[merge] いくつかの画像を一つのレイヤーとしたいとき

[bone] 一番近い画像の真ん中にボーンが入る。slotのように目とか画像をいくつか用意したいときに便利そう

後から思えば、似たようなパーツがたくさんあって、ここまで分けなくても良かった感じたけど^^; (特に今回はfolderの部分がいらない?)

フォルダを整理するのに、時間かかります。時短じゃないぞ。

注意:Ignore hidden layers を外さないと、例えば、いくつか口のパターンがあり非表示にしてた時、エクスポートされない。

これ以降スパインへ。

ボーンいれたりセットアップが終わる。。。

左向きアニメーション終わったら、アニメーションフォルダをコピーする。

コピーするボタンはここです!分かりずらいですか?

さて、反対向きのアニメーションは、昨日学習した通り、スケールをー1にする。これで反対向き歩きも完成。

慣れると、時間短縮になりそう。まだ慣れませんが^^;

これと同じことを、前と後ろ向きでもする。

注意:目や口などのパーツを変えたいとき、画像のレイヤーを変えたいときは、アニメーションモードの時に行う。セットアップモードですると、ごちゃごちゃになる。

練習した記録の映像。アニメーションは雑でカクカクしてるけど^^; やりたかったことは出来たのでOK!

今日の目的は達成された☆
さて、次はこれをUnityに持っていく。。。

///////////////////

//////////////////

参考資料:

Spine公式のエリカさんのフォルダーを拝見。参考に。

エリカさんの声がかわいい。コメントでもそんな意見多いのが、ほほえましい。

Previous Post Next Post